2016年10月19日

三浦弘行九段がソフト不正使用で竜王戦出場停止となった件について01

最近NHKニュースでも取り上げられ始めたこの問題
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161018/k10010734201000.html

簡単に言うと、
@三浦弘行九段が、
A将棋ソフトを、
B使用した疑いがあるので、
C日本将棋連盟が、休場届の提出を求めましたが、期日までに提出されなかったため、
D竜王戦本戦を含む、三ヶ月の棋戦出場停止処分とした


事件なのですが、随分ややこしい話になっています。一つずつ見ていきましょう。

@三浦弘行九段
 世間的には羽生が七冠王だったときに、最初に羽生にタイトル戦で土をつけた棋士として有名です。"進め!電波少年"で松本明子に求婚されて照れていた姿が印象的です。実力も申し分なく、棋士の強さを示す順位戦でも最高ランクのA級、竜王戦でも最高ランクの1組を長年勤めており、タイトル保持者だったこともあります。名実ともにトッププロの一人なんですね。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%B5%A6%E5%BC%98%E8%A1%8C

A将棋ソフト
 そんな三浦九段は、将棋ソフトと戦う「第二回 電王戦」の大将戦に出場し、悪手という悪手は殆ど指していないにも関わらず、完敗を喫してしまいます。「第二回 電王戦」までは「将棋ソフトが人間より強いわけ無いだろう」と思っている人がまだまだ多かったのですが「第二回 電王戦」を機会に、「将棋ソフトはトッププロ並の実力がある」というのが、ほぼ一般的になりました。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/35787
 そして、今は「将棋アプリ」がトッププロ並みの実力がある、と言われるようになりました。例えばこの「技巧」というアプリをスマホに入れておけば、棋譜解析までやってくれます。トイレで棋譜解析すれば・・・そもそも、そんなにつよいアプリではなくても、詰みを見つけるのは機械が大得意な分野であり、終盤の詰むや詰まざるやの状況では、十数年前からどんな人間よりも機械のほうが強かったのでした。
http://shogidroid.siganus.com/
 僕は日本将棋連盟の公式初段で、将棋倶楽部24では4級、将棋ウォーズでは3段です。24とウォーズの大きな違いは、「合法的にソフトを使えるかどうか」です。24では研究目的を除き一切禁止なのに比べて、ウォーズではお金を払うと自動的に最強ソフトが5手自動で指してくれます。僕は終盤がかなり弱いので、詰むや詰まざるやの局面まで持ち込んでからソフトを使うことが多く、すると勝率も段違いだし、段位も段違いです。勝率も24では3割程度ですが、ウォーズでは5割5分くらいと随分違います。詰みが見えるだけで、僕のような初段程度のアマチュアですら、かなりの違いがあるんですね。
http://www.shogidojo.com/
https://shogiwars.heroz.jp/
こういう状況から、トッププロであっても、ソフトを使用すれば勝率は更に上がると思われます。「ソフトなんて役に立たないから、相手が使ってても実力で勝てばいい。それが棋士の本道だ!」「高潔な棋士はソフトなんて使わない!」みたいな精神論は、もはや時代遅れになってしまいました。

B使用した疑い
 明らかな証拠はまだないようですが、状況証拠がいくつか挙げられています。

1.指し手一致率
 もともと、老舗の将棋倶楽部24がソフト指しを取り締まるために始めた概念だったと思います。
http://shogidojo.com/etc/softorii/index.htm
 9割以上一致すると、怪しいかな?という感じですね。
http://shogikisho.blog54.fc2.com/blog-entry-3223.html
 ただ、当然「偶然そうだった」と言われるとそれまでの論拠でもあります。今のところ、三浦九段の指し手は何割程度一致していたのか公表されていません。日本将棋連盟とコンピュータ将棋協会の会員である、千田翔太七段が今後実証をするらしいですね。
https://twitter.com/mizumon_?lang=ja

2.一手ごとに離席した
 日本将棋連盟は不正防止策として「対局前に電子機器をロッカーに預ける」「対局中は外出禁止」といった新たなルールを定め、12月から実施することが決まっていました。
http://www.asahi.com/articles/ASJBH62HFJBHPTFC006.html

 それ以前は、基本的に離席も自由だし、持ち時間内であれば食事しに出たり、散歩したりしても、何ら咎められないルールだったと思います。ただ、出歩くのは序盤中盤までで、終盤は持ち時間が少なくなってくるので、あまり離席しない事が多いのですが、三浦九段はそうではなかったそうです。

 あと、ソースが無いんですが「相手が指した後に何度も離席した」という言われ方もしています。離席するときは大抵は自分が指した後、相手が考えているときにすることが多いです。その場合、相手の持ち時間が減るので、自分の持ち時間を使わずにリフレッシュ出来るからです。

 リアルな対局で、自分が指した後で何度も何度も離席されたら、「絶対コイツ裏でなんかやってるよ、あーあ・・・」ってやっぱり思ってしまいます。対局マナーとしても宜しくないのですが、もちろんこれも、怪しいなあ・・・と思われる行為ではあっても、「身体を別の場所で休めていたんだ。体調が悪かったんだ。」と言われれば、確証にはならないものではあります。李下に冠を正さず、という故事もありますが・・・

3.5人前後の棋士が指摘
 他にもなにか怪しい行動をしていたのでしょうか?何を指摘していたのかがまだわからないので、続報を待ちたいところですね。ちなみにトッププロの一人、橋本崇載八段は、自身のツイッターで、「ファンには酷な知らせと思うが、個人的にも1億%クロだと思っている。奴が除名になるかどうかは知らないけど、俺は二度と戦う気しない。以前からソフト指し、モラル、カンニング、再三警鐘を鳴らしてきたつもりだが、最悪の形になりただただ残念だ。これでも潔白を信じるという人はどうぞご自由に。」と言っているし、一方繰り上げ竜王戦挑戦者となった、こちらもトッププロの一人、丸山忠久九段は「日本将棋連盟の決定には個人的には賛成しかねますが、竜王戦は将棋の最高棋戦ですので全力を尽くします。」と言っており、棋士間でも温度差が相当あることが伺えます。
https://twitter.com/shogibar84 (橋本崇載八段はTwitterを削除)
http://www.shogi.or.jp/news/2016/10/29_13.html

4.スマホの提出を拒んだ
 ノートPCとデスクトップPCは現物を提出しているとのことですが、スマホは提出していないようです。また、所有するパソコン4台と、スマートフォンにインストールしているアプリを撮影した画像を自主的に提出していますが、さすがに自分が取った画像には「何の意味もない」と酷評されています。ただ「連盟の捜査にはできるだけ協力する」と声明で話しているので、もう実は提出済なのかもしれません。続報待ち。
https://twitter.com/asahi_shogi
https://twitter.com/iidamasaru/status/788314255221100544
 
C休場届の提出を求めましたが、期日までに提出されなかった
 実は休場の名義上の理由は、ソフトを使用したからではありません。日本将棋連盟側は「休場届の提出を求めましたが、期日までに提出されなかった」と言っているし、三浦九段は、「竜王戦は将棋界最高峰の棋戦で挑戦するだけで大変な名誉だ。辞退するわけがない」と、そもそも辞退する気がなかったようです。一部では、12月から始まる、金属探知機なども使用した厳密な不正防止策の元で、三浦九段を出場させたら良かったのでは?との声があります。

D竜王戦本戦を含む、三ヶ月の棋戦出場停止処分
 竜王戦本戦は全部負けても、たった4回の対局で合わせて1000万円くらい一気に貰えます。辞退するわけ無いですよね。ジャンルは違いますが、囲碁の依田紀基九段も「何年かの寿命と引き換えにしてもいいくらい」って言うくらい、みんなが出たい棋戦です。(ちなみにアマチュアにも本戦出場の望みはあります。僕もものすごくものすごく運がよかったら、本戦に行けるかも・・・笑)どうも「身の潔白を晴らすために抗議の出場辞退をした」というのは誤報のようですね。
http://blog.goo.ne.jp/yoda_norimoto/e/7edc06d0689ba2f15bdfbeedd512bdbd

<まとめ>
 現行では分かっていることが少なすぎて、どっちが良い・どっちが悪いというのを判断できる状況ではない、ということだけは良く分かります。処分としてはかなり厳しいので、まだ公表されていない判断材料があるのだと推測しています。現状、三浦九段側は、日本将棋連盟に証拠を要求しているものの、日本将棋連盟はこれ以上の捜査にはあまり乗り気ではないようで、どうなるかは流動的ですが・・・みんながWin-Winになる解決策はないものでしょうか・・・一ファンとして、経緯を見守りたいところです、
http://www.asahi.com/articles/ASJBL5VDJJBLUCLV011.html

<追記>
 今回の事件とはまったく関係ないんですが、今期竜王戦第一局、前代未聞の繰り上げ挑戦者となった丸山九段、抗議的な意味合いもあるのか、全く本調子な指し手じゃないのがかなり気にかかります・・・せっかく将棋界最大のお祭りなのでいい将棋をみたいですねえ・・・
http://live.shogi.or.jp/ryuou/kifu/29/ryuou201610150101.html
posted by salinejapan at 14:41 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: