2016年10月20日

三浦弘行九段がソフト不正使用で竜王戦出場停止となった件について02

<新情報>
@ついに、週刊文春(10月27日号)・週刊新潮(10月27日号)に出てしまいました。そう、センテンススプリング!でおなじみの、ベッキーと、”ゲスの極み乙女”川谷絵音のスクープを出した、最近恐ろしい切れ味の週刊文春さんです。
n.jpg

thumb4.jpg

 流石に中吊り以外は載せちゃだめだし、中身を一字一句書くのもだめなので、ぜひ"dマガジン"なんかで中身を読んでみて下さい。今までの人生で初めて週刊文春を買いました
https://magazine.dmkt-sp.jp/

 主だったところをまとめると、発端は"2016年7月26日 第29期竜王戦決勝トーナメント・久保利明九段対三浦弘行九段"だったようで、これは中吊り広告にもあるように、「技巧」というソフトで確かめてみると、93%の一致率をだったようです。棋譜は公開されているので、誰でも検証できます。僕もそのうち暇があったら検証してみようと思っています。
http://live.shogi.or.jp/ryuou/kifu/29/ryuou201607260101.html

 90%以上の一致率はほぼありえず、状況証拠としては"怪しい"と言えると思います。
http://salineasahikawa.seesaa.net/article/442939782.html

 今回の発火点となったのも(三浦九段を名指ししたことは否定されていますが、)久保利明九段のようで、他にも郷田真隆王将も、橋本崇載八段も処分を求めていたそうです。そして、谷川浩司九段資格保持者・渡辺明竜王佐藤天彦名人羽生善治三冠佐藤康光九段千田翔太五段、が集まって(師匠の西村一義九段・永世名人資格保持者の森内俊之九段・今回繰り上げ挑戦者になった丸山忠久九段・元竜王の実力者で同門同郷の藤井猛九段は呼ばれませんでした。)話したところ、今までの状況証拠から怪しいということで、常務会が開かれ・・・

 後は二誌を読んでほしいのですが、書いてあることが全て本当だとすれば、中吊り広告にもなっている羽生善治三冠が言うように"限りなく黒に近い灰色"なのかな・・・と思ってしまいます。同時に、どんなに黒に近かろうと、灰色は灰色なので・・・という気もしてきます。

A羽生善治三冠は自身のツイッターを持っていないのですが、奥さんの元アイドル羽生理恵さんのツイッターを借りて、"今回の件は白の証明も黒の証明も難しいと考えています。疑わしきは罰せずが大原則と思っていますので誤解無きようにお願いを致します。"と表明しています。すごいフォーマルな発言の他は、アヒルの画像ばっかりのクラスタでたいそうびっくりしました・・・
https://twitter.com/mau28310351/status/788756638161252352

B渡辺明竜王が、週刊文春Web上で、独占告白しています。灰色の状態での処分については、「最悪のシナリオは『疑惑を知りながら隠していたという事が発覚する事だ』と判断」したためだと説明しています。
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6688

<感想>
 もう、クロであれシロであれ、なんだか激しい切り合いの様相を呈してきました・・・なんだか悲しいですね。このままクロだということになると、三浦九段の除名も見えてきてしまうし、仮にクロと断定できないとなると、流石にグレーのままでこれだけ重い処分を下した人間にも責任が出てきます。先程出てきた羽生三冠の奥さんの羽生理恵さんはツイッターで「グレーは、中和であり、溶け合う色」みたいな発言をしていましたが、灰色は灰色として、うまい解決策はなかったのでしょうか・・・将棋で決着をつけるとか・・・ソフトがプロを圧倒するという大ピンチの中、逆にそれをチャンスと捉え棋士vsソフトをイベント化し、将棋のネット普及を一気に切り開いた、米長邦雄永世棋聖が生きていれば、切り合いの勝負ではなく、泥沼でさわやかな解決をしてくれたんじゃないかと思えてなりません・・・

 あと、当事者である渡辺明竜王が、週刊文春Webにまででて、先陣を切っているのも少し気にかかります。竜王戦不出場かどうかを決定するという場では、渡辺明竜王にも、三浦弘行九段にも、どちらにも利害関係があまりない第三者に判断を委ねるのも手だったのかもしれません。こういう時も米長邦雄永世棋聖が生きていれば、うまく仲裁したんじゃないかなあ・・・という気がなんとなくします。もしくは師匠の西村一義九段が対応をしてもいい案件だったのかもしれません。

 最後に、この問題を解決する救世主は、同門同郷で先輩で実力者、しかも元竜王の藤井猛九段しかいないのではないかと僕個人は確信しています。かつて居飛車穴熊の猛攻から、振り飛車を守った救世主。四間飛車風前の灯火のなか、自ら矢倉まで指して、角交換四間飛車を確立した振り飛車界の天帝。僕も所属する振り飛車党党首、藤井猛九段なら、きっとなんとかしてくれるのではないかという、淡い希望をもってやみません・・・
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14589175

キャプチャ.JPG

キャプチャ.JPG



 

 
posted by salinejapan at 16:32 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: